会長挨拶

 

青葉が目に映える時候となりました。会員各位には、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。 

鈴木隆雄前会長の後任として、この 4 月より会長に就任いたしました藤田尚でございます。各位のご指導、ご鞭撻を頂戴しつつ、会の発展に微力を尽くす所存でございます。何卒、会員諸氏のご協力と忌憚のないご叱正を賜りますよう、お願い申し上げます。 

本研究会は、2 年前に呱々の声を上げた、新しい研究会でございます。諸々において至らぬ点が多々ございますが、本年はホームページの立ち上げ、研究大会の開催、その他国際学会への会員の参加等々、できうる限り古病理学の発展に寄与しつつ、会の体裁も整えて参る所存でございます。また、会員、非会員を問わず、幅広い方々に古病理学の面白さを知って頂くためのセミナー等の開催も考えて参ります。 

幸いなことに、会誌 Asian Journal of Paleopathology は国立国会図書館はもとより、医学中央雑誌、JST(科学技術振興機構)にも登録されました。これも、会員諸氏と海外の友人研究者の積極的なご協力の賜物と深謝申し上げます。今年度からは、電子ジャーナル化を目指し、新たな ISSN、DOI の取得へと進めて参ります。どうぞ会員各位には、積極的なご投稿をお待ち申し上げます。 

骨や歯そして稀ではございますがミイラなどに残された過去の疾病の情報こそは、超高齢少子化社会に突入した我が国にとって、大いなる知見と未来の医療へのヒントを与えてくれるものと確信しております。 

生命力に満ちた葉桜の美しいこの季節に、会員各位にご挨拶できますことを僥倖とし、浅学菲才でございますが、会の発展の為に尽くして参る所存でございます。 

末筆になりましたが、会員各位の益々のご清祥とご発展をお祈り申し上げまして、就任のご挨拶と致します。 

平成 30 年 4 月吉日

日本古病理学研究会長 

 

藤田 尚